13回の練習しかなくて、ケガも治さないといけないし、新しい仲間がいっぱい欲しいし、そこのあなた!BARBARIANの仲間になりませんか?

0

    「バーバリアンアメフトすたっふぶろぐ」 

     

    2019年6月2日練習報告アメフト

     

    こんにちは〜喜ぶ

    MGのHiromiです!!

     

    さあ、秋季リーグ戦に向けBARBARIANはスタートです。

     

    悔しくも敗戦から1週間がすぎ・・・。

    そしてもう6月なんです!!6月です!!

    秋季リーグ戦まであと3カ月しか有りません!!!

     

    単純計算で残り13回の練習です。

     

    3ヶ月っていうと、まだまだ時間があるように聞こえますが、

    13回というと、本当に練習時間が少ないとわかります。

     

    選手の皆さま、秋に向けて時間はありません。そしてやる事はいっぱいです!!!

     

    と、いう事で練習の大事さ貴重さを告知したところで

    バーバリアン週末の練習のご報告アメフト〜!!

     

    秋季リーグ戦まで1/13の練習は、WRANGLERSさんと合同練習でした!

     

    秋ヶ瀬公園に、こんなにアメフトMANで溢れるのも何だか新鮮です!!

     

    今週もスピーカーのパワフルなサウンド♫に乗って練習スタートです!

     

    合同練習は刺激的な練習となり、各選手それぞれプレーの確認作業ができます。

     

     

    WRANGLERSさんの強さを感じる練習となりました。

    グラウンドに集まった時点で、やっぱり見た目でも強く見えないとダメですよね。

     

    WRANGLERSの皆さん、本当にありがとうございました。

    また、是非ご一緒に練習させていただければ、幸いです。

    宜しくお願い致します。

     

    合同練習の後には、やっぱりこれですよね!!

    試合で体力負けをしないように、5分間ランとフィジカルトレーニングです!

    ケガを防ぐためにも、激しい衝撃に耐えられるだけの丈夫な体(骨とか筋肉とか腱とか)作りを頑張りましょう!

     

    そ・し・て!!!!

     

    新しい仲間人人人を募集しております。

     

    『なんだかんだ言ってアメフトアメフトが好きな方』

    『なんだかんだ言ってアメフトの俺カッコいいです!!という方』

    『なんだかんだ言って活躍したい方』

    『チーム強くできます!という方』

    『アメフトそこそこ上手です!と心の中で思っている方』

     

    Barbarianという素晴らしい仲間人が待っています。
    Barbarianで一緒にアメフトエリザベスしませんか?

     

    是非、アメフトチームを探している方
    ブランクがあるけど、またアメフトをやりたいなと思っている方など
    私たちは、あなたと一緒にアメフトがしたいのです!!

    一緒に、優勝するために戦いたいです!!

     

    ↓さあ、下のバナーをクリック!

     

    すご〜く新しい仲間を募集しています!!

    是非、興味がある方はご連絡下さい。

    チームみんなで、是非あなたが来てくれるのをお待ちしていま〜す!!

     

     

    MG   HIROMI

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    links

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    書いた記事数:357 最後に更新した日:2019/08/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    recommend

    できるブログ
    できるブログ (JUGEMレビュー »)
    田口 和裕, できるシリーズ編集部