HUDDLE BOWL 2014

0


    ちょっと遅くなってしまいましたが、ハドルボウルについてです!

    こういうのは早くUPしないと意味なくなっちゃいますよねー(´・_・`)

    1/19にハドルボウルが開催され、
    バーバリアンからも#14斉藤選手と#66横山コーチ#83芝村選手が出場しました!



    この大会は
    大学OBがチームを組み、
    フラッグフットボール(タックルをしないアメフト)をするチャリティーイベントです。
    往年の名選手が勢揃い!

    三人とも東洋大学で出場。

    初戦は28-27で甲南大さんに勝利!!
    2戦目は12-21で神戸大さんに敗退でした。

    大会での収益は
    難病と闘う子どもたちのためのボランティア団体に寄付されました。

    「1300人のおじさん達のパワーは凄すぎた!」と三人とも素敵な笑顔で話してくれました。
    (後列左#10斉藤選手、#71横山コーチ、前列右から3番目#83芝村選手)



    #14斉藤選手と#66横山コーチは東洋大学同期、#83芝村選手は一つ後輩。

    今もバーバリアンで一緒にプレイしています。

    同期のお二人は
    QBとOLというポジション柄、
    「もう何万回横山のお尻触ったかわかんないよー笑」と話す斉藤選手からは、熱い信頼関係が伝わってきます。



    WR#83芝村選手は一体何本QB#14斉藤選手のパスをキャッチしてきたのでしょう。

    これはいつぞやの腹筋チェックの写真です。笑




    東洋の対戦相手の甲南大学出身の#64田中コーチ。(試合にはお仕事で出場できなかったようですが、打ち上げには参加できたそうです笑)

    田中コーチが去年の最終戦の後、

    「同期の二人が現役で一年間戦い抜いたことに誇りを感じます。」

    と話していました。



    私の中で40代は会社の上司って感じで、アメフトをするイメージと結びつきませんでしたが、
    バーバリアンに来て40代のイメージが変わりました。笑

    チームは若手中心に変化しつつありますが、
    コーチ陣の活躍と支えあってのチームだと思います。

    田中コーチが、
    「年間通しての結果は残せませんでしたが、去年よりは楽しく出来ました。まだまだ楽しくなれる可能性を持ったチームです。
    たくさんの繋がりと絆をいただきました。」
    と、言っていた通り、
    発展途上のチームです。

    今はオフの期間ですが、
    2月のキックオフには
    ハドルボウルの勢いそのままに、
    更なる飛躍のためのパワーを持ってきてくれると思います!

    ご期待下さい^_−☆



    こちらも是非ご覧下さい!
    【注目選手紹介】
    ★第4弾 #14斉藤選手
    ★第6弾 #64(当時#66)田中コーチ

    ★6月30日 Peal Bowl ブログ


    *****************
    1/25の今日、
    チアとマネージャーの女子会を開催しました!

    いっぱいしゃべれてうれしかったー(o´ω`o)♪♪

    その様子はまた後ほど…☆

    コメント
    芝村は?
    • 小間使い
    • 2014/01/21 7:09 AM
    小間使いさん☆
    すいません。忘れていたとか無視したわけではないのです。
    集合写真でぱっと見、発見できなかっただけなのです。
    ほんと申し訳ありません…(。-_-。)
    • mari
    • 2014/01/25 9:36 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    links

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    書いた記事数:356 最後に更新した日:2019/07/01

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    recommend

    できるブログ
    できるブログ (JUGEMレビュー »)
    田口 和裕, できるシリーズ編集部